先進的窓リノベ事業


 

 

 

窓の断熱リフォームをすると国から補助金がもらえるって知ってましたか?

過去最大の補助金制度です!窓リフォームをするなら今がチャンス!

 

 

1.対象者

 

窓リノベ事業者と工事請負契約を締結し、窓のリフォーム工事をすること

窓のリフォーム工事をする住宅所有者等であること

 

ガイソー北見店は「窓リノベ事業者」です。

また、全員「窓マイスター」の資格を取得しています。

 

 

2.対象工事期間・交付申請期間

 

対象工事期間

 

「令和5年11月2日」以降工事着工し、「令和6年12月31日」までに工事が完了するもの

 

交付申請期間

 

令和6年3月下旬 ~ 予算上限に達するまで

 

※申請は工事完了後、窓リノベ事業者「ガイソー北見店」が行います。

 

 

3.対象工事

 

 

熱貫流率とは?
熱の通りやすさを表す数値です。熱貫流率が小さいほど断熱性が高いことを表します。

 

(1)ガラス交換  

 

 

窓リフォームの中で一番安価な工事です。

既存の窓枠はそのまま「ガラス」を交換します。

 

既存のガラスが単板ガラスの場合サッシの溝幅が狭くなっています。

そのため、分厚い複層ガラスに交換しようとするとサッシに入らない場合があります。

 

そんな時は…

 

・接続部材(アタッチメント)を使用する

・サッシごと交換する

 

どちらかになります。

 

(2)内窓設置   

 

 

既存窓の室内側に新たに窓を取り付けることを「内窓」といいます。

 

既存の窓と内側の窓の間に空気層ができ断熱材の役割をしてくれます。

そのため断熱性が向上します。

 

内窓に使うガラスの種類によってさらに断熱性能を高めることもできます。

 

但し、内窓を付けると窓の開閉を2回することになります。

あまり開閉しない窓に取付けるのがおススメです。

 

 

(3)外窓交換(カバー工法)

 

 

既存枠の上から新しい窓を取り付ける工法を「カバー工法」といいます。

 

周りの壁を壊さないため工期と費用を抑えながら

サッシのゆがみ隙間風を解消できます。

 

既存のサッシの上から新しい枠を被せるので

その分窓の大きさが一回り小さくなるので注意しましょう。

 

 

(4)外窓交換(はつり工法)

 

 

既存のサッシを壁から取り外して新たに窓を取り付ける工法です。

 

窓回りの壁を壊すため大掛かりな工事になります。

 

築30年以上の住宅は窓の性能や形状が悪い可能性が高いため

ガラスだけの交換よりもサッシごと新しくできる

カバー工法やはつり工法がおススメです。

 

 

4.補助金額

 

・交換するガラスの枚数・施行箇所数に乗じて算出します。

・1申請あたりの合計補助額が50,000円未満の場合は申請できません。(上限:200万円)

 

 

(1)ガラス交換

 

 

SS:トリプルガラス

 

ガラスが3枚

 

S:ペアガラス

 

ガラスが2枚

 

 

 

 

(2)内窓設置

 

 

(3)外窓交換(カバー工法)

 

 

(4)外窓交換(はつり工法)

 

 

 

5.申請の流れ

 

(1)先進的窓リノベ事業者に工事の問合せをする

 

(2)先進的窓リノベ事業者と工事請負契約の締結

 

(3)工事着工令和5年11月2日以降」

 

(4)交付申請予約(※任意)

 

   補助金の交付が見込まれるリフォーム工事に対して、交付申請予定額を一定の期間(3か月)確保する制度

 

(5)工事完了令和6年12月31日まで」

 

(6)工事費の支払い

 

(7)交付申請

 

(8)交付決定の通知

 

(9)補助金受取

 

 

6.まとめ

 

窓リフォームに関する補助率の高さから

昨年、非常に問い合わせの多かった補助金です。

 

上限に達し次第、終了となりますので

少しでも気になった方はお早めにご相談ください。

 

窓のリフォームのことなら!

窓の専門知識を持った「窓マイスター」のいるガイソー北見店へ!!

 

 

 

お問合せ


 

    必須

    お名前

    任意

    ふりがな

    必須

    メールアドレス

    必須

    ご住所


    任意

    お電話番号

    任意

    お問合せ内容

     

    プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 住工房ノースリフォーム株式会社. All rights Reserved.