ブログ


高圧洗浄と塗装の長持ち秘訣を徹底解説!

更新:2024年5月16日 

 

築10年以上経過した持ち家の外壁塗装、その長持ちの秘訣を知っていますか?

 

本記事では、外壁塗装を長持ちさせるための重要なステップである「高圧洗浄」とその必要性について詳しく解説します。

 

さらに、外壁の汚れを放置するリスクや汚れにくい塗料の一つである「フッ素塗料」についても触れます。持ち家の外壁塗装に悩んでいる方々にとって、この記事は価値ある情報を提供し、外壁の美観耐久性を保つためのヒントを得る手助けとなるでしょう。

 

 

 

外壁塗装を長持ちさせるために欠かせないのが、高圧洗浄です。外壁に付着した汚れや古い塗料を効果的に除去し、新しい塗料がしっかりと密着するための準備工程として、高圧洗浄は重要な役割を果たします。

 

 

・高圧洗浄とは

 

高圧洗浄とは、特殊な機械を使って水を高圧で噴射し、表面の汚れ古い塗料を強力に洗浄する作業のことです。

 

通常の水洗いでは落ちにくい頑固な汚れも、高圧洗浄を行うことで効果的に除去することができます。

 

 

・高圧洗浄が必要な理由

 

外壁には、大気中の汚れやカビ、コケなどが付着しやすくなっています。これらの汚れが放置されると、外壁の色褪せや劣化を促進し、建物全体の美観や耐久性を損なう原因となります。

 

また、汚れが取れずにその上から新しい塗料を塗ると、塗膜同士がしっかりと密着せず、耐久性が著しく低下してしまいます。

 

 

2.外壁の汚れを放置するとどうなるの?

 

外壁の汚れを放置すると、様々な悪影響が生じる可能性があります。

 

外壁は建物の外側を覆う最も外側の部分であり、日々の気候の変化や汚れ、紫外線などの影響を受けやすいため、適切なメンテナンスが必要です。

 

 

・外壁の汚れが放置されるとどのような問題が起こるのか

 

外壁の汚れが放置されると、まず外観が損なわれる可能性があります。汚れやカビ、コケが目立つようになり、建物全体の美観が損なわれます。

また、汚れは外壁の素材を傷める原因となり、塗装の劣化ひび割れなどのダメージが生じる可能性があります。

 

 

・健康への影響も考えられる

 

外壁の汚れは見た目だけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

特にカビやコケが繁殖すると、それらの胞子や微粒子が風に乗って室内に侵入することで、アレルギー症状や呼吸器系のトラブルを引き起こす可能性があります。

したがって、外壁の汚れは放置せず、定期的なメンテナンスが重要です。

 

 

3.汚れの付きにくい塗料

 

外壁塗装を長持ちさせる秘訣の一つに、汚れの付きにくい塗料があります。特に注目されるのがフッ素塗料です。

 

 

・フッ素塗料

 

フッ素塗料は、フッ素樹脂を主成分として使用した塗料で、その特徴はなんといっても優れた撥水性と撥油性です。これらの性質により、汚れが付きにくく、雨水などで汚れも落ちやすいというメリットがあります。

 

さらに、フッ素塗料は耐候性にも優れており、紫外線や雨風などの影響を受けにくいため、外壁の劣化を抑制し、美観を長期間保つことができます。

 

一般的に、フッ素塗料は他の塗料に比べて耐久性に優れていますが、その分価格が高めに設定されていることもあります。しかし、その性能を考えると、長い目で見ればコストパフォーマンスに優れた塗料と言えるでしょう。

 

おすすめの外壁塗料

 

ガイソーウォールフッ素4F

 

 

4.他の人はこんな記事も見てます。

 

このセクションでは、外壁塗装に関心のある方々が興味を持ちそうな他の記事を紹介します。

 

 

 

「外壁塗装業者選びのポイントを徹底解説|失敗しない方法」

  外壁塗装業者を選ぶ際に失敗したくない40〜60代の女性のために、信頼できる業者を見極めるコツや、業者選びの基準について詳しく解説します。   さらに、見積もり比較の方法や確認すべきポイント、そして…

 

無料相談


 

    必須

    お名前

    必須

    ふりがな

    必須

    メールアドレス

    必須

    ご住所


    必須

    お電話番号

    必須

    ご相談項目

    任意

    お問合せ内容

     

    プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 住工房ノースリフォーム株式会社. All rights Reserved.